足むくみサプリ

カリウムで足のむくみを解消しよう。

カリウムで余計な水分を排出しよう。

 

老化やストレス。
塩分の摂り過ぎやタバコ。

 

これらが原因となって、余計な水分が体内に滞留します。

 

そんな時はカリウムのパワーを借りましょう。

 

カリウムは体内にある余分なナトリウムを排出して細胞の浸透圧を正常に保つ機能があります。

 

つまり、足のむくみに効果があるという事です。

足むくみの防止方法は

 

足むくみの防止方法はいくつか存在していますが、どの方法を用いる場合においても効率的な結果を得るためにはむくみの原因と仕組みを知っておき、症状に対し的確に対応する選択が求められてきます。

 

まず、自身の足むくみが発生しているメカニズムを理解することは重要で、静脈に問題があるパターンのほかには老廃物の影響でリンパの流れが滞ってしまい、循環効率を落としている状況が代表的な原因としてあげられます。

 

むくみの症状はその多くが水分及び血液の停滞から生じるとされており、足は日常生活を送るに当たって寝ている時以外は重力の影響を受けやすく、循環障害が起こった段階でポンプ機能が追いつかなくなってむくみを発生させる流れとなります。

 

更に足は心臓から遠い部位へ該当するため、送り込む力よりも戻ってくる時の勢いが弱く、他の部位より血液や水分が蓄積される可能性の高い場所という点を理解し、むくみが重症化する前に防止を行うべきです。

 

デスクワークを始めとした座っている時間が長い人及び立ち仕事を長時間行う人の場合、特にふくらはぎ部分のむくみに要注意となり、定期的にストレッチを導入することでふくらはぎの筋肉を伸縮させると足むくみの防止効果が見込めます。

 

また、頻繁に足首を動かしたりむくみの自覚症状が現れている状況下ではマッサージも効果が期待でき、リンパや血管・筋肉を意識的に動かして水分や血液の停滞を抑制する選択が有効といえます。

 

ソックスやストッキングなど、加圧式の製品を用いる防止方法も足むくみ対策として効果を得られやすいものの、着用に抵抗感がある人は避けた方が良いと同時にある程度の維持コストが掛かることも考慮しておく必要は生じます。

 

万が一に足むくみが重症・慢性化した場合は薬を用いた応急処置も可能ではありますが、常用できるものではない理由から緊急時の対処法と割り切って、日常的に使える何らかの防止策は導入しておいた方が確実です。